【音が聞こえる漫画】ブルージャイアントの続編|ブルージャイアントシュプリーム第1巻の見どころとネタバレ

capture-20200515-204819.png
宮城の片田舎から世界一のサックスプレーヤーを目指し、上京した
宮本大は、一緒に高みを目指す仲間を見つけ、東京一のジャズライブハウス
BLUE TOKYOに出演の直前に、アクシデントにより断念せざるを得なくなった。
失意から立ち上がった大は一人、世界を目指す。

第1話 WONDER LAND

ドイツ行の飛行機の中。
いきなり入国審査から躓く。
「ツーリスト?」
...
「トゥ、ビカム、ワールドナンバーワン、サックスプレーヤー!!」
ついに大はドイツ、ミュンヘンの地に降り立つ。
大にとって初めての海外。
このドイツのジャズがどのようなものなのかも知らない。
しかし、大にとっては、どうでもいいこと。
どこであっても、自分の音楽をやるだけ。
とにかく、練習のできる場所を探す。
が、なかなか見つからない。
さすがに孤独を感じ、ブルーになる大を
勇気づける相棒のサックス。
ここからが始まりだと、実感するドイツの1日の終わり。
これからヨーロッパ中を震撼させる大の活躍の続きは?
電子版の試し読みができます
続きをお楽しみください
capture-20200515-204819-2.png
スポンサードリンク